理事長就任あいさつ(2022/09/05)

理事長就任のご挨拶

各位

サノフィ健康保険組合
理事長 石坂 岳彦

令和4年7月の第16期の組合会任期満了に伴う組合会選挙におきまして選任され、7月18日付で理事長に就任しました石坂岳彦です。就任にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

サノフィ健康保険組合は、10年間、7.3%という比較的低い保険料を維持しながら、健全な組合運営をおこないつつ、皆様の健康増進に向けた保健事業を実施して参りました。これもひとえに組合員の皆様と事業主のご理解とご支援の賜物であると、心より感謝申し上げます。

昨年から続く新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活様式や就業環境も大きな変化を迎えております。このような変化は、被保険者の方々の体調への悪影響や健康促進の機会あるいは医療機関への受診の頻度の低下につながる懸念があり、当保険組合としても保健事業の実効性の向上に努めていく必要があります。
一方で、一般的には、健康保険組合そのものが受ける影響も少なくないと考えられます。以前から全国の健康保険組合の財政状況は、超高齢化の進展と医療費の増大により年々厳しさを増しておりました。これらに加え、財源である保険料が賃金低下に伴い減少する事で、財政がひっ迫する健康保険組合がさらに増加することが予想されています。

当健康保険組合は、幸いなことに、健全な運営を行ってきておりますが、将来の医療費の適正化ならびに組合員の皆様のWellbeing推進のために、保険者機能をより一層発揮し、コラボヘルスや社会の多様性に対応した保健事業の推進、健康寿命の延伸につながる取り組みを進める所存でございますので、皆様のご支援とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に皆様のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。

以上